このページの先頭です

薄毛に悩む20代男性の育毛剤の使い出すタイミングと選び方

1193views

投稿日:

育毛剤は使い出すタイミングが重要

育毛剤なんておじさんが使うものと思っている方もいると思います。しかし、20代から男性は毛髪や頭皮を気にするべきです。髪は長い友といわれるように、ずっとふさふさの健康毛には憧れます。特に20代は、オシャレにも気合いが入り、他人からの見た目も気になる年頃です。

育毛剤の匂いが気になったり、ベタベタ感が嫌だという方もいます。しかし育毛剤は、抜け毛や薄毛が気になってから使うのはスタートが遅すぎます。実は予防として若いうちから使っていく方が良いとされています。若い20代の方の薄毛は、ストレスが原因の事もあり、一時的に抜け毛が増える場合もあります。

また、食生活や生活リズムの乱れなどによって抜け毛につながる時もあります。でも、だいたいの方が男性型脱毛症のAGAといわれています。AGAとは、男性特有のホルモンが深く関係しているので、一度脱毛が始まってしまうと、なかなか止める事ができずに、どんどん薄毛に向かって進行していってしまいます。

しかし、薄毛が気になりはじめた頃から自分に合った育毛剤を使用していれば、くい止める事が可能になります。AGAとは、成人以降の男性によく頻発する髪が薄くなることで、思春期以降に生え際または、頭頂部の髪が抜けはじめて薄くなっていってしまいます。

人によっては、生え際も頭頂部も両方が薄くなっていく場合もあり、放っておくと、全体的に薄毛になってしまいます。原因としては、一般的に遺伝が強いといわれています。祖父や父親が薄毛で悩んでいる場合は注意が必要です。あとは、男性ホルモンの影響が主な原因です。

AGAは、きちんと合った育毛剤を使わないと抜け毛がますます進行し、頭皮が透けて見えてきてしまい、うす毛が目立つようになります。AGAは、20代以降の男性なら3人に1人の割合で悩んでいるといわれていて、その分AGAケアを早くからしている人も多いです。AGAケアは、育毛剤にAGAに効果があると記載されているものを使う事が重要になります。

もし、すでにうす毛になっていても、頭皮にふわふわのうぶ毛は残っている方がほとんどです。うぶ毛が頭皮に存在している限りは、育毛剤によって髪の毛は健康に太く育つ可能性がまだまだありますので、もう手遅れだとあきらめる事はせずに、毎日のケアを頑張りましょう。

育毛剤選びは慎重に

20代の健康な男性が育毛剤を選ぶ時に、効果だけを見て選んでしまってはいけません。育毛剤には、効果が高いものほど副作用にも気をつけなければいけません。育毛剤といえば医薬品の外用薬を思い浮かべる方が多いと思いますが、よくドラッグストアなどに売っている日本製の一般的な医薬部外品の育毛剤には、重大な副作用はほとんどないと言われています。

様々な人に合うように研究を重ねて作られているためです。でも、育毛剤によっては何十種類という多くの育毛成分を複雑に配合している商品もあります。その成分中の何かが肌に合わない場合ももちろんあります。

育毛剤を付けているにもかかわらずまれに抜け毛がもっと酷くなってしまったり、頭痛、めまいなどが現れたり、頭皮に直接付けるため、皮膚がかぶれたり、湿疹ができてしまったり、痒みや痛みが発生する事もあります。

もっと怖い副作用としては、全身症状が出てしまう場合があります。全身のむくみや、急に体重が増加するなどがあり、育毛剤の副作用と一言でいっても様々な副作用が起こることもあります。

たかが育毛剤だからと、気軽に考えるのではなく、もしもの場合も考えて副作用の事を忘れないように頭の片隅に置いておきましょう。健康体だったのに、育毛剤のせいで健康を害してしまっては大変なので、自分に合った育毛剤をきちんと理解して使う事が重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です