このページの先頭です

生え際薄毛対策!生え際の後退に効果的な育毛剤とその活用法

1595views

投稿日:

生え際の後退には飲むタイプの育毛剤が効果的

はげかけてきた生え際には、飲むタイプの育毛剤が効果的だと言えます。育毛剤には、大きく分けて、飲むタイプの育毛剤と、塗るタイプの育毛剤の二つがありますが、そのうち生え際の後退に効果的な育毛剤は、飲むタイプの育毛剤になるのです。飲むタイプの育毛剤というのは、基本的には男性ホルモンの抑制を目指していく育毛剤です。

生え際の薄毛の原因は男性ホルモンであることが多い

生え際の薄毛の原因というのは、基本的には男性ホルモンであることが多いです。これがつむじ付近の抜け毛であれば、頭皮が紫外線で荒れてしまい、そのせいで薄毛になるとかそういうこともあるでしょう。でも生え際はつむじ付近とは違い、強い紫外線を浴びやすいような場所ではありません。

さらに基本的には髪の毛で隠れていることも多いですから、やはりつむじ付近とは違い、汚れが付着しやすい場所ではありません。ということはやはり、生え際の薄毛の原因としては、男性ホルモンであるということが多いということになります。悪い男性ホルモンが活発に働くと、人は抜け毛が多くなっていきます。

抜け毛が多くなると結果的に薄毛になります。だから生え際の抜け毛、そしてその結果起こる薄毛を改善していくためには、悪い男性ホルモンに対してアプローチしていかないとならないのです。でも、男性ホルモンへのアプローチというのは、なかなか自分ひとりで出来るものではありません。

食べ物などから男性ホルモンを抑制する成分を摂取していくと言っても、それにはやはり限界もありますし、そうそううまくいくものではありません。でも、育毛剤であれば、それもスムーズに叶えることが出来るでしょう。

だから、生え際の薄毛に対策していこうと思ったら、男性ホルモンを抑制するような育毛剤を使用するべきなのです。そしてそれこそが、飲むタイプの育毛剤なのです。

塗るタイプにもそういうものはあるが

塗るタイプの育毛剤にも、男性ホルモンを抑制する効果が付与されているものはあります。しかし、それは飲むタイプの育毛剤と比較すると、いささか効かせづらいと言えるでしょう。飲むタイプの育毛剤であれば、その男性ホルモンを抑制する成分を、身体の中から効かせていくことが出来ます。

しかし、塗るタイプの育毛剤の場合は、身体の外から効かせていくことになります。身体の外からそれを効かせていこうとしても、なかなかそれは叶えられません。届けたいところは遠くなりますから。そういうことがあるので、男性ホルモンを抑制する効果を届けやすい、飲むタイプの育毛剤がおすすめです。

育毛剤だけに頼っていてはだめ

生え際の後退に効果的な育毛剤は、飲むタイプの、男性ホルモンを抑制する効果の高い育毛剤だと言えますが、たとえそういう育毛剤を使用するのであっても、育毛剤だけに頼っていてはだめだと言えるでしょう。確かに飲むタイプの育毛剤は、塗るタイプの育毛剤と比較すると、生え際の後退に対して効果が出しやすいと言えます。

でもそれはあくまでも、塗るタイプの育毛剤と比較すると、という話なのです。まずそもそも基本的に、前髪の生え際の後退というのは、育毛剤でも防ぎづらいところになるのです。

男性ホルモンが特に活発になるところだから

その理由はいくつかありますが、一番大きいのは、やはり男性ホルモンが特に活発になるところだからだと言えるでしょう。男性ホルモンが活発になることが原因で薄毛が起こるわけなのですから、それが特に活発になる部分である前髪の生え際の薄毛というのは、基本的に防ぎづらいのです。

たとえば、それによるマイナス幅がすごく大きければ、たとえ飲むタイプの育毛剤で幾つかのプラスを足したとしても、結果トータルではマイナスになることもあるでしょう。そうして結果的にマイナスになるのであれば、当然その生え際の薄毛はなかなか改善していきません。

なので、育毛剤だけに頼っているのでは良くないと言えるのです。きちんとその飲むタイプの育毛剤の効果を出したいのであれば、プラスをもっと増やせるように、自分なりの工夫をしないとなりません。

積極的にマッサージをする

飲むタイプの育毛剤の効果をしっかりと出し、そして生え際の薄毛を改善していくための対策方法としては、生え際を中心にマッサージをしていくという方法があります。生え際を中心にマッサージをしていけば、当然生え際のあたりの血流は良くなるでしょう。そうして血流が良くなると、そこに栄養が届きやすくなります。

実は、生え際というのは、いまいち栄養が届きづらいところになるのです。あまり太い血管があるわけではないので、ちょっとしたことでも血流が悪くなりやすいですし、血流が悪くなるとそのせいで栄養が届けづらくなります。栄養が届かないとなると、髪の毛も育ちづらくなりますし、抜け毛も増えていくでしょう。その対策するために、積極的にマッサージしていくのです。

飲むタイプの育毛剤はマッサージもしなくなりがち

これが塗るタイプの育毛剤を使用している時であれば、自然とマッサージもしていくでしょう。塗るタイプは文字通り頭皮に直接つけていくものになるわけなのですから、それをつける際に自然とマッサージもすることになるのです。しかし、飲むタイプの育毛剤は、本当にサプリメントのようにただ飲むだけです。

そんなただ飲むだけの育毛剤を使用しているのに、マッサージをするということはそうそうないでしょう。だから、ただでさえ血行が悪くなりがちな生え際は、飲む育毛剤に頼った薄毛対策をしていくことにより、ますます悪くなると言えるのです。

そうならないようにするためには、意図的にマッサージをしていくしかありません。それが、まずひとつ目の、飲むタイプの育毛剤の活用方法です。

健康的な髪の毛が作れる栄養分を摂取する

飲むタイプの育毛剤で男性ホルモンを抑制したとしても、それはただマイナスが0になるだけです。マイナスを0にするだけでは、それ以上の薄毛の進行を食い止めることは出来ても、そこからプラスに転じさせていくことは出来ないと言えるでしょう。それでは結果的に薄毛は改善されないので、意味がありません。

そうならないように、飲むタイプの育毛剤で生え際の薄毛対策をしていく時には、0をプラスに出来る工夫をしていきましょう。そしてそんな0をプラスにする工夫だと言えるのが、健康的な髪の毛を作ることが出来るような栄養分を積極的に摂取するということです。

血流がまわっても栄養がないと意味がない

たとえ血流がまわったとしても、栄養がないと意味がありません。栄養を届けることが出来てこそ、生え際にも血流をきちんと回していく意味が生じてくるのです。では、健康的な髪の毛を作るための、生え際に届けていきたい栄養とはどのような栄養になるでしょうか?それは、特別難しいものはありません。

たとえば髪の毛を作るのには欠かせないたんぱく質であったり、ビタミンB群やAであったり、そんな風に基本的な成分ばかりです。なので、しっかりと肉や魚、そして緑黄色野菜を中心に食べるようにしていけば、それで薄毛改善のための準備は整うと言えるでしょう。

育毛剤に頼りすぎることなく、日々の食事にもこのように是非気をつかって、生え際がこれ以上はげないようにしていきましょう。生え際のはげは、パッと見でも分かることがあるので、やはり出来ればしっかりと対処したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です