このページの先頭です

20代男性の育毛剤はAGAが重要? 選ぶときに注意したいポイント

1700views

投稿日:

なぜAGAが重要なのか

20代はAGAが多い

薄毛になる原因は、加齢によるものが多く、年配の人が髪の悩みを抱えていることはよくあります。しかし、20代の若いうちから薄毛になる人は、あまり多くはありません。20代で薄毛になった場合は、当然ながら、加齢以外の要素が原因になります。確かに、成長ホルモンは20代から減り始めるものですが、これは誰にでも当てはまることであり、若くして薄毛になる人が少ないことを考えると、それほど重要なものではありません。

20代で薄毛の症状が出る主な原因は、遺伝になります。遺伝によりAGAを発症してしまい、それで薄毛になっているのです。AGAとは、男性によくある脱毛症のことであり、毛母細胞が委縮してしまうことで、髪が薄くなってきます。これは遺伝で受け継ぐことが多く、誰にでも起こるものではありません。そのため、20代で薄毛になる人は、加齢で薄毛になる人よりも少なくなるのです。

AGAに効くもので確実な対策を

20代男性のAGAには、きちんとAGAに効果のある育毛剤を使うことが大切です。一口に育毛剤といっても、種類はさまざまであり、その効果も商品によって違いがあります。そのため、適当に選んでいると、AGAに向いていない商品を購入してしまうこともあるのです。しかし、育毛剤の効果を確実に得るためには、適切なものを使用しなければなりません。

せっかく買っても、それが自分の症状に合わないものであれば、高い効果は期待できません。「思っていたほど効かない」と感じてしまうときは、不適切な商品を選んでいることも多いのです。したがって、育毛剤を購入するときは、それが本当に効果のあるものどうか、よく考えて選んでください。効果の高いものを使っていれば、育毛は成功しやすくなります。

AGAに効く成分が入っているか

ミノキシジルに注意しよう

男性向け育毛剤では、ミノキシジルを含んだものが多くありますが、20代のAGAには、あまり向いていません。ミノキシジルの主な効果は、血管を拡張し、血の流れをスムーズにすることです。育毛に必要な栄養は血液によって運ばれているので、血流がよくなれば、栄養の供給はより確実なものになります。

この働きが、育毛を促すことになるわけです。しかし、症状がAGAである場合、こうしたミノキシジルの効果では、しっかり改善することができません。AGAの進行を遅らせるには、ジヒドロテストステロンという悪性のホルモンを抑えなければなりませんが、ミノキシジルではそれが期待できないのです。

また、ミノキシジルの血管拡張作用には、デメリットもあります。育毛剤は、まれに頭痛やめまいといった副作用を引き起こしますが、その原因となるのが、血管を拡張することなのです。こうした副作用を避けるためにも、ミノキシジルを含んだ商品には注意してください。

フィナステリドがおすすめな理由

20代のAGAに使用するなら、フィナステリドを含んだものが、最適な育毛剤になります。フィナステリドには、ジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるのです。ジヒドロテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンが、遺伝で引き継いだ還元酵素と結びつくことで発生します。

それが毛母細胞に悪影響を与えることで、薄毛になってしまうのです。そのため、ジヒドロテストステロンを抑える効果をもつフィナステリドは、AGAの対策には欠かせない成分になります。確実に効果を得るためには、ぜひこの成分に注目してください。ただし、フィナステリド入りの育毛剤を購入するときは、AGAクリニックなどで医師に相談することをおすすめします。

ネット通販で海外製の商品を購入する方法もありますが、偽物を売っている悪質な業者もあるので、自分の判断で安易に購入するのは避けるべきです。専門家に相談して処方してもらうのが、一番確実な方法になります。また、医師への相談がおすすめな理由は、副作用にもあります。

フィナステリドも、胃の不快感や性欲減退など、まれに副作用が出ることがあるのです。そうなった場合、医師に相談して用量を変えてもらうことも必要になります。この点を考えると、きちんと医師に処方してもらった方が、安心して使用できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です