このページの先頭です

誰でも手軽に使える育毛剤のメリットと効果的な使い方

1679views

投稿日:

育毛剤での頭皮ケアのすすめ

抜け毛や薄毛が気になり始めたら、真っ先に使いたいのが育毛剤です。薄毛専門のクリニックや増毛、植毛などを行うのに比べ、頭皮ケアの一環として取り組みやすいです。育毛剤の代金と毎日のマッサージの手間だけで、セルフケアで改善が見込めるのが大きなメリットです。ゆっくりと時間をかけて根本的な髪と頭皮のケアができるので、毎日の生活に負担がかかりにくいです。

育毛剤には医薬品と医薬部外品があり、医薬品の方が効果に期待できる半面、副作用も気になります。育毛剤自体の値段も医薬品の方が高いですから、手始めに育毛剤を使いたいという方には医薬部外品の方が向いています。20代くらいの若い方でも抵抗なく使えて、将来の薄毛予防にもなります。

すでに薄毛が進行している方でも、髪を作り出す細胞全てが死滅しているわけではありません。コツコツとケアを続けていけば、健康で丈夫な髪が生えてくる可能性があります。高い効果を求めているなら医薬品、副作用や安全性が気になるなら医薬部外品の育毛剤を使うのがおすすめです。初めて育毛剤を使うとか、20代の若い方が予防として使うなら、副作用の心配がない医薬部外品が良いでしょう。

効果が出やすい育毛剤のポイント

半年くらいは使い続ける

育毛剤を使い始めて、すぐに効果が実感できるものではありません。元気で健康な髪というのは成長して伸びてきて、抜けていくというヘアサイクルに基づいて髪が生え変わっています。個人差はありますが、ヘアサイクルは数年くらいありますから、育毛剤の効果が実感できるまでには最低でも半年はかかってしまいます。1、2ヶ月程度で効き目がないと諦めてしまうのではなく、じっくり長く付き合って使っていくことを心がけましょう。

育毛剤を使い始める時期

育毛剤を使い始めるのに決まった時期はありません。抜け毛が増えたなと感じたら20代から使い始めてもいいですし、薄毛がかなり進行した年配の方でも大丈夫です。自分で髪の毛が薄くなってきたなど、髪や頭皮の状態が気になり始めたタイミングで育毛剤を取り入れるのが良いでしょう。誰でも手軽に薄毛や抜け毛対策ができるというのが育毛剤の大きなメリットなので、いつからでも始めて大丈夫です。

使う前の準備を大切に

育毛剤を使うタイミングは人それぞれでしょうが、やはり清潔な状態でマッサージした方が効果も高くなります。おすすめはお風呂上りで、汚れなどのない頭皮がリセットされた状態がベストです。有効成分の働きを高めるためにも、丁寧にシャンプーで汚れを取り除くようにしましょう。

ゴシゴシ洗いは頭皮を傷つけてしまいますから、指の腹で優しくこすらずに洗うのがコツです。水分が頭皮に残っていると有効成分の浸透が妨げられてしまいますから、しっかりとドライヤーで乾かした後に使うのが大切です。

効果的な使い方

育毛剤の種類によって使う目安量が違っています。少なすぎると有効成分がしっかり毛根へ送り込めないですし、多すぎるとべたつきが起きたり頭皮に負担をかけることにもなります。適量を使うように心がけて、説明書にある正しい使い方をするのがコツです。マッサージしながら有効成分を浸透させるようにして、指を上手に使って頭皮をもむような感じでマッサージしてあげましょう。

育毛剤が頭皮になじみやすくなり、浸透力がアップしてくれます。また、軽く指先で頭皮をつまむようにタッピングしてあげると、血行が良くなります。血行促進作用で有効成分が毛根へと届きやすくなり、健やかな髪が育ちやすくなります。日常ケアに取り入れやすく負担をかけない使い方をするのが大切です。

頭皮に直接育毛剤を付けてあげて、軽くマッサージしながら浸透させるだけなので、マッサージは3分くらいで充分です。継続していくのが重要なので、育毛剤を付けて頭皮全体を満遍なくマッサージするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です