このページの先頭です

育毛剤を使ったらさらに抜け毛が加速?!注意すべき育毛剤の特徴

1553views

投稿日:

育毛剤を使っていたらさらに抜け毛が増えた!頭皮の炎症も!どうゆうこと?

薄毛・抜け毛の改善を目指して育毛剤を使用する人は多いと思います。その育毛剤を使い始めたら以前よりも抜け毛が目立つようになった!という話を耳にしたことはありませんか?良かれと思って使い始めたモノなのに逆につむじはげを加速することになるとは!まさに本末転倒。このように育毛剤を使い始めたら抜け毛が増えたというケースは少なくありません。

実はそれは「初期脱毛」というもので、「ひょっとして副作用?」と不安になられた方は安心してください。初期脱毛はまさにこれから新たに丈夫な髪の毛を作ろうとする、いわば前兆のようなもの。もともと髪というのは毛周期という発毛のサイクルによって成長期・退行期・休止期というように常に生まれ変わっています。

抜け毛はなんらかの影響でこのサイクルが乱れたことで発生し「つむじはげ」を作ってしまったものなのです。その原因は人それぞれで、生活習慣や食生活の乱れ・ストレス・遺伝など多岐にわたります。育毛剤を使い始めたことで、その効果が影響し頭髪の発毛サイクルを正常に治そうとする力が働き抜け毛が加速してしまうのです。

育毛剤で抜け毛が加速する理由は2つあった?!

育毛剤での薄毛対策によって、毛周期(ヘアサイクル)の流れを正常にしようとする試みは正解です。しかし、時にはその対策が逆効果になってしまう「抜け毛の加速」という問題があります。前項で述べたようにひとつは初期脱毛によるものですが、もうひとつはまさに自分の頭皮に合っていない育毛剤を使用したことによるものです。ではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

育毛剤が自分の頭皮にあっていないことで起こる脱毛

育毛剤が自分にあっていないことで起こる脱毛には次のような特徴があります。

極端に抜け毛が増加している状態

通常の初期脱毛は、抜けるといってもそこまで極端にごっそり抜けるわけではありません。人によっては抜け毛が増えたことすらわからない場合もあります。それほど徐々にゆっくりとしたペースで増加します。明らかにゴソッと抜けるようなパターンは要注意です。

脱毛症状が長期にわたって継続する

育毛剤の初期脱毛による脱毛はあくまでも一時的なものです。長くても2ヶ月程度で落ち着いていきます。しかし、2ヶ月以上も抜け毛が止まらない場合は何らかの皮膚トラブルによる脱毛症状の可能性が高いです。

頭皮にかゆみや炎症が見られる

頭皮がかゆい・赤みを帯びて炎症になっているなど、明らかに自覚症状がある場合はすぐに使用をやめるべきです。まさしく自分にあっていない育毛剤を使っているという証拠です。

以上のような症状が見られた場合は初期脱毛ではない可能性が高いです。すぐさま使用を中止して皮膚科もしくは専門医の受診をおすすめします。

初期脱毛による理想的な脱毛症状

そもそも育毛剤には頭皮の血流を改善させる働きや、ヘアサイクルの乱れを引き起こしている原因に作用して頭皮環境を整える効果があります。育毛剤を頭皮に使うようになると狂っていた毛周期が元に戻ろうとする作用が働き、丈夫で新しい毛を生やすための準備を始めます。

そのため今まで生えていた弱々しく痩せた毛を排除しようとする力が及ぶことで脱毛が促進されるというわけです。初期脱毛による抜け毛は徐々に増加する傾向にあり、あくまでも一時的な脱毛なので一定期間を過ぎると必然的に収まります。初期脱毛はまさしく育毛剤の効果を実感している証しなので心配する必要はありません。

初期脱毛と異常脱毛の見極めをしっかりして頭皮環境の改善を!

初期脱毛が起こるということは確実に頭皮環境が改善している証拠で、育毛剤の効果を実感していることの証です。初期症状かそうでないかの見極めポイントをしっかりと把握して比較・検討し正しい判断を下せるように、ある程度の知識を身につけておくことが大切です。育毛剤を選ぶ際は、成分などを比較して自分にあったものを選ぶことができる能力が必要です。

しかし、そうはいってもつむじはげを改善しようとして使い始めた育毛剤で抜け毛が増えたとあっては何らかの対策を打ちたくなるのが心情。このような場合の最善策は、とにかく使い続けること。

初期脱毛で脱毛し始めると、わかっていても不安になるもので、そのまま育毛剤を使い続けることを躊躇する気持ちはわかります。初期脱毛で抜ける毛は乱れたヘアサイクルでできた不要な毛、抜けるべき毛であることを理解しましょう。

育毛剤の効果を高めるセルフケア方法

育毛剤の効果をさらにUPさせるためのセルフケア対策をいくつかご紹介します。

生活週間の見直し

日頃の運動不足や睡眠不足、ストレスの溜め込みなどによる生活習慣の乱れは、頭皮環境を悪化させます。さらに喫煙や過度の飲酒・スマホやパソコンの長時間使用・過剰なヘアケアなどもすべて薄毛を助長させる行為です。

いくら高くて質のいい育毛剤を使っていても生活環境が乱れたままでは効果も半減するというものです。もしも自分に当てはまるものがある場合はただちに改善の余地あり!正しい生活習慣があってこそ、育毛剤の効果がのぞめるのです。

食生活の改善

バランスのとれた食生活をすることは育毛の基本中の基本です。髪に必要な栄養分は食事でのみ摂取されます。しっかりとした髪を育てるには日頃の食事にも十分に気を使って栄養のある食事を摂るように心がけましょう。そもそも髪の毛というものはタンパク質でできています。ということで、まずは良質なタンパク質をできるだけ多く摂っていくことが大切。

育毛にいいとされるタンパク源は、畑のお肉ともいわれる大豆。大豆にはイソフラボンと呼ばれる女性ホルモンに似た働きを持つ成分が含まれています。味噌や納豆・豆腐などを食すことで擬似的に女性ホルモンの影響を受けられ、男性ホルモンの分泌が過剰になるのを防ぐことができるのです。

さらにビタミン・ミネラル(亜鉛)といった様々な成分を含んだ食材を毎日必要量摂取することも重要です。食材としては、緑黄色野菜・青魚・貝類・昆布・タマネギ・にんにく・レバーなど、とにかくいろんな食材をこまめに摂取すること。とはいうもののなかなかこれだけの食材を摂取するとなるとかなり大変です。

もし必要な栄養素を摂取するのが難しい場合は、育毛サプリメントを検討するなどしてできる限りの努力をしましょう!

シャンプー剤やシャンプー習慣の見直し

薄毛対策をする上では、日頃おこなっているシャンプー習慣も見直す必要があります。頭皮の皮脂の過剰分泌は抜け毛の原因。この皮脂成分を洗い流し清潔に保つことで頭皮環境の改善がのぞめるのです。ただ清潔に洗い流せばいいというわけではなく、間違ったシャンプーの仕方によって頭皮に過剰な負担をかけているケースがあります。

育毛にいいシャンプーの仕方をマスターし、頭皮を傷付けることなく優しくいたわるように洗いましょう。できればシャンプー剤も育毛成分を配合した育毛シャンプーを使うなど、こだわりを持つようにした方がより育毛効果がUPします!

シャンプー剤にまでお金をかけられないという場合は、ただ洗浄力の高いものを買うのではなく成分をじっくりと比較してできるだけ頭皮に負担をかけないものを買うようにしましょう。

以上、育毛剤の初期脱毛について解説してきましたが、育毛剤を使う際は最初が肝心。初期脱毛と異常脱毛をしっかりと見分けて正しい育毛生活を送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です