このページの先頭です

より効果的に!男性向け育毛剤の効果を引き出す為のポイント4つ

1515views

投稿日:

タバコを吸わないようにする

男性向けの育毛剤を活用している人の中でも、タバコを愛用しているという方は多いのではないでしょうか?確かに、タバコは一見するとストレス解消になりそうにも思えます。ストレスを解消することは、育毛剤の効果を引き出すことに繋がるでしょう。

ストレスがたまると、それによりホルモンバランスが乱れてしまいます。ストレスを感じると男性ホルモンが活発になっていってしまうのです。そうして男性ホルモンが活発になると、育毛剤の効果は出づらくなるでしょう。

男性の薄毛の原因は男性ホルモンであることが多い

男性の薄毛の原因の多くは、男性ホルモンが活発に働くことです。もちろん男性ホルモンにも良いものはあります。そういう良い男性ホルモンが活発に働くのであれば、それはそれで問題ないでしょう。しかしこうしてストレスが原因で活発になるような男性ホルモンは、薄毛を引き起こしてしまう、良くない男性ホルモンだと言えます。

そういう良くない男性ホルモンが活発に働き、薄毛を引き起こしてしまうようになると、その分だけ育毛剤の効果は弱くなるでしょう。だから、男性ホルモンを活発にさせるのは良くありません。

タバコを吸うことでも男性ホルモンは活発になる

男性ホルモンを活発にさせるのがよくないのであれば、むしろタバコは育毛剤の効果を引き出すことに繋がるのではないか?と思う方もいるでしょう。でもそんなことはありません。なぜならタバコは、男性ホルモンを活発にしてしまうものだからです。

なので、もしストレスを解消していけたとしても、そのタバコで男性ホルモンが活発にされてしまうので、結果むしろ男性ホルモンは増えていってしまうと言えるでしょう。また実際問題、タバコではストレス解消にはなりません。

逆に中毒症状のせいでむしろストレスがたまるとすら言えます。なので、そういう意味でもやはりタバコは、育毛剤の効果を邪魔してしまうということになります。もしタバコを吸っているのであれば、まずそれを止めるようにしていきましょう。

頭皮をマッサージする

育毛剤の効果をより引き出したいのであれば、頭皮をマッサージすることも効果的になるでしょう。男性向けの育毛剤で、しかも効果があるものと言えば、やはり男性ホルモンに対してアプローチするものになるでしょう。でもその男性ホルモンへのアプローチは、ただマイナスだったものを0にするだけだと言えます。

たとえばそれにより抜け毛はなくなるかもしれません。でもそれだけでは薄毛の改善には至らないでしょう。薄毛を改善するためには、はげている部分に髪の毛を生やしていかないとならないのです。でも男性向けの育毛剤で、しかも男性ホルモンの対策をしていくような育毛剤は、髪の毛をプラスにしていくような効果は強くはないと言えます。

男性ホルモンの対策をしていくだけで手いっぱいになるでしょう。だから、別の方法ではげている部分に髪の毛を生やしていくようにしないとならないのです。そのために比較的に有効な対策が、頭皮をマッサージするという方法です。

血流が良くなり栄養が届きやすくなる

頭皮をマッサージすることが、なぜはげているところに髪の毛を生やすことになるのかというと、血流が良くなり栄養が届きやすくなるからだと言えるでしょう。頭皮をマッサージすることにより、筋肉もほぐれていきますし、縮んだ血管も刺激されるので、まず血行が良くなります。栄養は、基本的には血流によって届けられます。

なので、血流が悪いと栄養も届かなくなりますし、逆に血流が良いと、その分だけ栄養もいきやすくなるのです。では、髪の毛は、栄養がある状態とない状態、どちらの方が育ちやすいと言えるでしょうか?それはまず間違いなく、栄養がある状態の方が育ちやすいと言えるでしょう。

育毛剤で男性ホルモンによる抜け毛を抑えつつ、こうしてマッサージによって血流を促進していければ、その分薄毛の改善は近づくでしょう。それはつまり、育毛剤の効果をより引き出せているということになるでしょう。

頭皮の保湿に気を遣う

育毛剤の効果をさらに引き出したいのであれば、頭皮の保湿に気を遣うことも大切だと言えるでしょう。男性ホルモンに対して対策していく男性向けの育毛剤ですが、男性にはもう一つ男性特有の対策をしないといけないポイントがあります。それが頭皮の皮脂です。頭皮から皮脂がたくさん出てしまうと、それが毛穴に詰まりを起こします。

毛穴に詰まりを起こしてしまうと、まず頭皮から髪の毛に栄養が行かなくなります。頭皮から髪の毛に栄養が行かなくなれば、やはり髪の毛は育ちづらくなります。また、育ちづらくなるだけではなく、抜け毛も増えていくと言えるでしょう。

髪の毛が育たなくなるというのは、言い換えれば髪の毛が痩せていくということです。そうなると、毛は自然と落ちやすくなるので、抜け毛が増えていくと言えるのです。そんな風に抜け毛が増えたら、せっかくホルモンバランスに対してアプローチをした意味がなくなってしまうでしょう。

ですから、そうならないように男性は育毛剤で男性ホルモンによるマイナスを防ぐと同時に、皮脂に対しても対策していかないとならないと言えます。その皮脂の対策として効果的なのが、頭皮を保湿することなのです。

乾燥により皮脂が出ていることも多い

男性が使用するシャンプーは、女性のそれと比較すると洗浄力がかなり高いことが多いです。加えて男性の場合は、髪の毛を乾かさないで寝ることも多いでしょう。そうして髪の毛を乾かさないで寝たり、あるいは洗浄力の強いシャンプーを使用したりしていたら、頭皮はどんどん乾燥していきます。

乾燥すると、肌を守ろうとして皮脂がたくさん出るようになるのです。だから、皮脂を改善するためには、保湿が重要です。特につむじのあたりはすごく乾燥しやすいので注意が必要でしょう。つむじは紫外線などもダイレクトに浴びがちになりますし、洗う際にもごしごし洗われることが多いので乾燥しやすいのです。

つむじのあたりはそもそもあまり皮脂がたくさん出やすいところではありませんから、そこから皮脂がたくさん出ていたら、しっかりと保湿に力を入れた方が良いでしょう。

質の高い睡眠を日々とるようにする

育毛剤の効果を引き出すためには、質の高い睡眠も必要です。質の高い睡眠をしていれば、その分成長ホルモンもしっかりと分泌されるようになるでしょう。成長ホルモンで成長していくのは、何も身長だけではありません。大人になったら身長は伸びませんが、その代わりに肌や髪の毛が成長ホルモンによって作り変えられていくのです。

だから、大人でもしっかりと質の高い睡眠をとり、成長ホルモンを出していかないとなりません。そうでないと、やはりマイナスを0にすることは出来ても、そこからプラスに転じられなくなるでしょう。でも、質の高い睡眠はどうすればとれるでしょうか?

質の高い睡眠は準備で決まる

質の高い睡眠は、準備で決まると言えます。たとえば寝る前にはパソコンやテレビを見ないで心を落ち着ける時間をつくるとか、あるいはお風呂には寝る2時間前に入り、徐々に体温を下げて眠りに入りやすくするとか、そういう準備が必要なのです。こうしてしっかりと準備をして寝れば、それだけでも睡眠の質はだいぶ変わるでしょう。

そしてそうなれば、より育毛剤の効果は出やすくなるでしょう。男性は比較的に帰宅が遅い方も多いので、なかなかしっかり準備できないかもしれませんが、出来る限りしてみた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です