このページの先頭です

本当の効果とは?育毛剤が持つ効果と正しい認識

504views

投稿日:

育毛剤と効果

育毛剤の効果は様々

市販されている育毛剤だけでもたくさんの種類がありますが、それだけ効果も多岐に渡ります。最終的には髪の毛を元気にすることが目的であることは確かですが、そこに至るまでの過程に違いがあります。一見するとわかりづらいかもしれませんが、それだけ人の頭皮の状態は様々であり、頭皮の状態にフィットした育毛剤を選ぶことが最適な育毛となるのです。

そのため、育毛剤を選ぶのであれば、まず製品ごとの特徴を比較することから始めましょう。育毛剤はしばらく様子を見ないと効果がわからないため、すぐに別の製品に切り替えられません。

ポピュラーな男性ホルモン抑制タイプ

育毛剤の中でもポピュラーなタイプが、男性ホルモンを抑制する育毛剤です。男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロンと呼ばれる薄毛の原因となる物質の分泌を抑制します。チャップアップなど人気の高い育毛剤はこのタイプ。自分がこの傾向にあると考えている方はあまり育毛剤選びには迷わないでしょう。

体質を改善することを目的とした育毛剤なので、使用するなら長い目でその効果を見極めましょう。できれば、生え際の写真を定期的に写真に撮ってチェックすることをおすすめします。

血行を促進する

体中を元気にするためには、血行を促進することも必要です。頭皮も例外ではなく、栄養たっぷりの頭皮にするためには血行が弱々しくなっていないことが前提となります。

はげ部分が広がっている方は、普段から不摂生な生活を繰り返しているのかもしれませんが、それも血行の状態を悪化させる原因となるため、血行を促進させる育毛剤と同時に生活習慣の改善にも取り掛かりましょう。こちらも体の内側から改善するやり方なので、すぐには改善しません。

効果はあるのか

市販の育毛剤は治療薬ほど強くない

市販の育毛剤は体質を内側から徐々に改善していくタイプが多く、「効果をすぐに実感できる」と大言壮語しているものはあまり信用ならない可能性があります。育毛において効果が強いとされている成分は、ミノキシジルやフェナステリドと呼ばれるものです。

これらは効果が強い反面、副作用も懸念されているため、市販の育毛剤ではカバーできない領域にあります。抜け毛やつむじはげを本気で治したいのであれば、一度クリニックへ行った方が良いでしょう。

ある程度の効果は期待できる

クリニックで処方される薬と比較して、効果が薄いことは否定できません。しかし、市販されている育毛剤に効果がないのかといえば、そうではありません。確かに、医薬品ではない育毛剤には強力な成分を配合することはできません。

しかし、ある程度の効果が期待できる成分であれば、問題なく配合することが可能です。そのため、アデノシンなどの育毛効果が期待できる成分は大抵の育毛剤に配合されています。成分を比較して見極めることが、抜け毛を防ぐ第一歩となります。

治療薬より育毛剤?

では、強力な治療薬よりも、効果の薄い育毛剤を選ぶ場面とは、一体どういった時なのでしょうか。治療薬を選んだ際のデメリットは、定期的に病院へ通院しなければならないことです。経過を報告する必要があるので、忙しく時間の取りづらい方には大変なことでしょう。一方、育毛剤は、自分で育毛剤を購入すれば抜け毛対策を自己完結できます。

また、費用も育毛剤を自分で揃える方が安上がりになることが多く、経済的にも手を出しやすいのです。どちらも一長一短のある方法ですが、つむじ部分が最近寂しくなってきたなと感じているのなら、何かしらの対策は打っておくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です