このページの先頭です

市販の育毛剤で治療できる?!つむじはげの原因と治療方法を解説

1521views

投稿日:

つむじはげの主な原因は「AGA」

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAは薄毛原因の9割を占めているといわれる症状であり、成人男性の3分の1はAGAを発症すると考えられています。

主な発症原因は遺伝であり、「5αリダクターゼ」という物質が体内に生成されやすかったり、その影響を受けやすい遺伝子を受け継ぐと、その影響によって体内に存在するテストステロンという男性ホルモンの一種が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変えられてしまいます。

そしてジヒドロテストステロンが髪の毛の毛根にある毛乳頭細胞に影響を及ぼすことで、髪の毛が正常な成長を遂げられなくなるため抜け毛が増加します。

AGAの症状

AGAを発症すると主に前髪の生え際が頭髪して「M字ハゲ」と呼ばれる状態になったり、頭頂部の抜け毛が増加して「つむじはげ」の状態になります。市販の育毛剤の多くは髪の毛の成長に必要な栄養分を供給するための製品なので、主に遺伝が原因で発症するAGAによる抜け毛対策にはほとんど効果がありません。

そのため、AGAを治療するにはAGAクリニックや病院などに通う必要があります。ただし市販の育毛剤の中でもAGAの治療成分であるミノキシジルが配合された育毛剤にはAGAの治療効果があります。

したがって、AGAを発症した疑いがあるものの症状が軽度だったり、AGAクリニックや病院に通うことに抵抗感がある場合はそうしたミノキシジル配合の育毛剤を使用することがおすすめです。

AGA発症のチェック項目

そしてAGAは症状が軽度なほど治療しやすく、治療費も安く済みます。したがって、発症に気づいたら早い段階でAGAクリニックや病院などで治療を受ける必要があります。そして、以下のチェック項目に多くあてはまる場合は、生活習慣の乱れやストレスではなくAGAが原因でつむじはげなどが進行していると考えられます。

  • タバコを吸っている
  • 同世代と比較して髪の毛のボリューム感がない
  • お酒を飲む量が多い
  • ストレスが溜まりやすい
  • 思春期以降に髪の毛が減り始めた
  • 他人と比較して体毛が濃い
  • 髪の毛のハリやコシがなくなった
  • 外食中心の生活を送っている
  • 両親や祖父母に薄毛の人間がいる
  • 前髪の生え際やつむじの薄毛が目立つ
  • 1日に100本以上の抜け毛がある
  • 髪の毛が細くなった

AGAが原因のつむじはげを治す方法1【プロペシア、ミノキシジル】

フィナステリド

フィナステリドは米国の製薬会社によって前立腺肥大症の治療成分として開発されましたが、使用した患者に薄毛治療の効果が現れたことで育毛剤の成分として使用されるようになりました。FDA(米国食品医薬品局)の認可を受けた成分であり、日本でもフィナステリドが配合された「プロペシア」という育毛剤が販売されています。

体内に存在するテストステロンが5αリダクターゼの作用でジヒドロテストステロンに変異する影響でAGAを発症したりその症状が進行しますが、フィナステリドには5αリダクターゼの働きを妨げる効果があります。したがって、フィナステリドが含まれた育毛剤を使用することでジヒドロテストステロンの量を減らして、AGAの進行を抑える効果が得られます。

ただし体質によっては使用が原因で男性機能の低下や倦怠感、乳房肥大などの副作用を発症する場合があるので用法用量に注意する必要があります。

ミノキシジル

ミノキシジルは米国の製薬会社が高血圧の治療成分として開発しましたが、使用した患者に発毛効果が現れたことで育毛剤の成分として利用されるようになりました。日本皮膚科学会が発表した『男性型脱毛症診療ガイドライン』においてフィナステリドと並んでAランクに位置づけられているなど、AGA対策に役立つ代表的な治療成分として広く利用されています。

ミノキシジルを使用すると髪の毛の元である毛母細胞を増殖させる働きを持った「KGF(角質細胞増殖因子)」や、髪の毛の成長に必要な各種栄養分を届ける役割を持つ血管の新生や修復を行う「VEGF(血管内皮増殖成分)」などの分泌量が増加します。

そのため、髪の毛の元を増やしながらその成長をサポートできるので、AGAの影響で薄毛が進行した頭皮の髪の毛を増やす効果が得られます。ただし使用が原因で多毛症や血圧低下、吐き気などの副作用を発症する場合があるので、使用する際は用法用量に注意することが大切です。

AGAが原因のつむじはげを治す方法2【育毛メソセラピー、自毛植毛】

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは、ミノキシジルやフィナステリドなどのAGA治療に利用されている育毛成分や、髪の毛の成長に役立つ各種栄養分を注射針によって直接頭皮に注入するAGA対策の方法です。AGAの治療成分を内服薬で使用した場合、治療成分が内臓を通過する影響で効果が全身に拡散したり、健康を損なう副作用を発症するリスクがあります。

しかし育毛メソセラピーはAGA治療に役立つ有効成分を頭皮に直接送り込むので、そうしたリスクを避けてAGAを治療できます。ただしAGA治療薬を内服薬で使用する場合よりも治療費が高くなるので、治療費が高くても優れた治療を行いたい方におすすめの治療方法です。

自毛植毛

自毛植毛とは、側頭部や後頭部などの薄毛になりにくい部位に生えている自分の髪の毛を、薄毛が進行している部位に移植する薄毛の治療方法です。髪の毛の毛根が死滅するとAGAの治療成分を使用しても髪の毛を生成することが困難ですが、自毛植毛なら髪の毛を増やす効果が得られます。

そして自毛植毛は自分の髪の毛を使った植毛なので、普通の植毛よりも拒否反応が起こりにくく、髪の毛が頭皮に定着しやすいというメリットがあります。また施術後のメンテナンスが不要なのでAGAクリニックや病院などに定期的に通う必要がなく、植えた髪の毛を普通の髪の毛と同じように扱えます。

つむじはげ改善に役立つ生活習慣

生活習慣の改善が役立つ理由とは

AGAを発症する主な原因は遺伝による影響なので、生活習慣の改善による治療は非常に困難です。しかし、生活習慣の乱れがAGAによって進行するつむじはげの症状を悪化させている場合もあるため、AGA治療と並行して生活習慣を改善することでつむじはげ対策に役立つ効果が得られます。

そして、AGA治療と併行して行うと効果的だといわれている主な生活習慣の改善は以下の通りです。

十分な睡眠時間の確保

髪の毛を育てる作用を持った成長ホルモンは、主に睡眠中に分泌されます。特に22時から2時までの4時間はゴールデンタイムと呼ばれるほど成長ホルモンの分泌が活発になるので、この時間帯に睡眠をとることで成長ホルモンの分泌を促進して抜け毛を減らす効果を得られます。

禁煙

タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させる作用があります。そのため頭皮の血行を悪化させて抜け毛を増やす原因になります。

さらに米国ハーバード大学の調査によって、喫煙者の体内にはAGAの原因物質であるDHTが非喫煙者と比較して13%も多く存在することが判明しています。したがって禁煙することで体内のDHTを減らしてAGAの症状を緩和する効果が得られます。

運動

1日に30分程度のジョギングやウォーキングを行うことで身体の血行を促進できます。そのため、頭部の血行を促進して髪の毛の成長に必要な各種栄養分が届きやすくする効果を得られるのでつむじはげ対策に役立ちます。

ただし激しい運動をすると髪の毛に悪影響を及ぼす活性酸素と呼ばれる物質が体内で増加するので、つむじはげなどの薄毛対策のためには呼吸が乱れるほどの激しい運動ではなくて、薄く汗をかく程度の適度な運動を行うことが大切です。

カラーリングとパーマを控える

髪の毛を染めたりパーマをかけたりすると、カラーリング剤や熱の影響で髪の毛や頭皮に大きな負担が掛かります。そのため、つむじはげ対策には薄毛が改善されるまでカラーリングやパーマを控えることが大切です。

育毛シャンプーの使用

一般の家庭で使用されている安価なシャンプーには、「石油系界面活性剤」と呼ばれる成分が含まれています。低コストで高い洗浄力を発揮しますが、洗浄力が強すぎるために使用量を抑えたり十分なすすぎ洗いを行わないと頭皮にダメージを与えて抜け毛を増加させます。

しかし、育毛シャンプーには頭皮にダメージを与えない「アミノ酸系界面活性剤」が配合されている上に、髪の毛の成長をサポートする各種成分が豊富に含まれているので、薄毛治療をサポートする効果が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です