このページの先頭です

塗るだけではない!主流になりつつある、飲むタイプの育毛剤

568views

投稿日:

飲むタイプの育毛剤を使って抜け毛対策をしましょう

「抜け毛に悩んだら、まずは育毛剤」というのが定番ですが、育毛剤は上手にふりかけないと効果が期待できないため、実は扱いの難しいアイテムなのです。また、つむじはげやM字はげに使うと育毛剤が浮いてきてしまうこともあり、あまり意味がない場合もあります。そんな時は、飲むタイプの育毛剤を使ってみてはいかがでしょうか?

飲むタイプの育毛剤は使い勝手が良い

塗るタイプの育毛剤は手軽ですが、頭の状態によっては使い勝手が悪くなってしまうことがあります。しかし、飲むタイプの育毛剤は口から摂取できるので、不器用な人でもはげ対策をすることが可能です。しかも、育毛促進効果や抜け毛対策効果に向いている栄養が凝縮されているため、つむじはげやM字はげを改善へと導いてくれます。

飲むタイプの育毛剤は3種類から選びましょう

飲むタイプの育毛剤には3つの種類があります。フィナステリド型、ミノキシジル型、サプリメント型です。それぞれの特徴をチェックして、購入の参考にしてください。

フィナステリドタイプ

フィナステリドはAGAの治療薬に広く使用されている定番の医薬品です。AGAを引き起こす原因となる「男性ホルモンの過剰な分泌 」を阻害する効果があります。

ミノキシジルタイプ

ミノキシジルの効果は「血管拡張作用」です。血管を拡張させて血流が改善されれば、髪の毛が栄養を吸い上げやすくなります。

サプリメントタイプ

普通のサプリメントと同じ感覚で摂取できるタイプです。上の2つのタイプは医薬品に分類されますが、サプリメントタイプは医薬品ではありません。

飲む育毛剤の入手方法について

飲む育毛剤はどのようにして入手すれば良いのでしょうか?初めてチャレンジする方は、まずは次の購入法を試してみてください。

市販の育毛剤を購入する

インターネットで検索すれば、簡単に市販品を購入することができます。様々な種類の育毛剤が売られているため、始めはどれを選べば良いのか戸惑ってしまうかもしれませんが、ランキングで上位に入っているものを使えば間違いはないでしょう。

ただし、ランキングに入っているからという理由だけで購入するのはおすすめできません。必ずレビューも確認してください。総評の良い育毛剤でも、批判的な意見は必ず混ざっているので、購入の参考にしましょう。

個人輸入代行からの購入には気をつけましょう

飲むタイプの育毛剤は、海外でも定番のアイテムです。そのため、輸入代行を使えば日本にいながらも海外製品を入手することができます。しかし、海外製品は日本のものと比較すると、販売に至るまでの基準が低い傾向にあり、副作用などの心配があるので注意してください。

一方、日本の育毛剤は日本人の頭皮に合わせて作られているため安心なので、なるべく海外製品は使わないことをおすすめします。

クリニックで処方してもらう

ミノキシジルやフィナステリドを主成分とした育毛剤に関しては、クリニックで処方してもらいましょう。自前で用意するよりも、副作用の出る確率が低くなるので安心です。クリニックでは、医者が体の隅々まで検査した上でオーダーメードの育毛剤を処方してくれますから、効果的に育毛を進めていくことができます。

また、薬に関するあらゆる悩みをアフターサポートしてくれるので、長く付き合っていけるのも魅力の一つ。薄毛治療は一時的な対策だけで完治するものではありません。これから先も継続していく必要があります。

独学ではどうしても限界がありますが、医師のサポートがあれば安心です。市販で手に入れた育毛剤で効果を実感できなかった方は、前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です