このページの先頭です

食生活が原因でハゲる?!薄毛対策の方法と薄毛の原因を解説

523views

投稿日:

薄毛の原因

食生活の乱れ

肉食中心の食生活を送ったり、インスタント食品やスナック菓子を多く摂取していると、身体が余分な脂肪分を体外に排出するために皮脂分泌量を増加させます。すると頭皮の毛穴が塞がったり、皮脂を好む細菌が増殖し、頭皮の炎症などが発生してしまい、抜け毛が増加するのです。

睡眠不足

紫外線などの影響で髪の毛や頭皮が受けたダメージは、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンの働きによって修復されます。したがって睡眠不足が続くと成長ホルモンの働きが弱まり、髪の毛や頭皮にダメージが蓄積し、薄毛が進行する場合があります。

喫煙

煙草に含まれているニコチンは血行不良の原因となります。喫煙によって頭皮の血行が悪化し、必要な栄養分が頭皮へスムーズに供給されなくなり、薄毛が進行する場合があるのです。また喫煙によってAGAの原因物質であるDHTの量が増加するので、AGAを発症している方は症状が悪化する可能性もあります。

過度な飲酒

本来、アルコールは肝臓で分解されて無害な物質に変わりますが、過度な飲酒をすると分解が不十分になり、有害物質が体内に流出します。その影響でAGAの原因物質が増加し、薄毛が進行する可能性があります。

安価なシャンプー

一般家庭で使われる安価なシャンプーに含まれる石油系界面活性剤は、頭皮に必要な最低限の皮脂まで洗い落としてしまいます。そのため頭皮環境を悪化させ、薄毛を進行させてしまうことも。

薄毛対策の方法

育毛剤を使用する

育毛剤の中にはつむじはげなどの薄毛症状を改善する、様々な育毛成分が配合されています。また育毛剤には様々なタイプが存在し、薄毛の原因に合わせた製品を利用することで、高い育毛効果を得ることができます。主な育毛剤のタイプは以下の通りです。

男性ホルモン抑制

生え際の後退やつむじはげなどの薄毛を引き起こす原因として、最も多いのがAGAと呼ばれる症状です。これは、体内にDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種が増加することで発症する症状なので、男性ホルモン抑制タイプの育毛剤を使用することで抜け毛を防いだり、薄毛の進行を抑えることができます。

皮脂抑制

生活習慣の乱れなどが原因で頭皮の皮脂分泌量が増加すると、余分な皮脂が毛穴を塞いだり、頭皮の炎症を引き起こし、抜け毛が増加してしまいます。しかし皮脂抑制タイプの育毛剤を使用すれば皮脂分泌量を抑制できます。

乾燥対策

頭皮が乾燥すると、大量発生したフケが毛穴を塞いだり、細菌を増殖させたりします。すると、その影響で抜け毛が増加してしまいます。また乾燥した頭皮は紫外線などの刺激に対して弱くなるので、炎症などを引き起こし、さらなる抜け毛に繋がる恐れも。しかし、乾燥対策タイプの育毛剤には保湿成分や保水成分が豊富に含まれているので、頭皮の乾燥を防いでくれます。

血行促進

髪の毛を成長させたり、頭皮環境を維持するために使われる栄養分は、血液によって供給されています。そのため体内の血行が悪化すると、頭皮に十分な栄養が供給されなくなってしまうのです。

しかし、血行促進タイプの育毛剤を使用すると血行が促進され、薄毛を改善することができます。またその中でも、ミノキシジルが配合されている育毛剤はAGAの改善にも高い効果を発揮します。

抜け毛改善に効く栄養分

亜鉛

亜鉛は主に牡蠣に多く含まれている栄養分です。亜鉛は髪の毛の材料であるケラチンを生成する時に使われる栄養分で、亜鉛を補うことで髪の毛の成長をサポートする効果を得られます。薄毛対策では特に重要な栄養のひとつと考えられており、比較的多くの育毛剤に配合されています。

ビタミンA

ビタミンAはニンジンに多く含まれている栄養分で、皮膚を強くする効果があります。したがって積極的に摂取することで、頭皮を丈夫にして、抜け毛の原因に繋がる肌トラブルを防ぐことができます。

ビタミンE

ビタミンEはアーモンドやカボチャなどに多く含まれている栄養分です。血管を拡張して血流を改善する働きをします。頭皮の血行を改善して、髪の毛の成長に必要な栄養分の供給をサポートするなど、薄毛対策に役立つ効果を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です