このページの先頭です

育毛剤だけじゃダメ?!薄毛対策に役立つ生活習慣と食品まとめ

517views

投稿日:

薄毛対策に役立つ生活習慣

頭皮マッサージ

頭皮が硬くなると血流が悪化するので、髪の毛への栄養供給がスムーズに行われず薄毛が進行する場合があります。そのためマッサージを行って硬くなった頭皮を揉みほぐすことで、血流が促進されて薄毛の症状を緩和する効果が得られます。

また頭皮マッサージを行うと毛穴に詰まった皮脂汚れを掻き出せるので、育毛剤の成分が普段よりも比較的浸透しやすくなります。そのため、頭皮マッサージ後に育毛剤を使用することで抜け毛を減らす効果を得られるのです。

育毛シャンプー

頭皮は皮脂と汗が混じり合って形成する膜によって外部の刺激から守られています。しかし市販の安いシャンプーを使用すると、石油系界面活性剤の影響でバリア機能が破壊されるので、頭皮がダメージを受けやすくなります。

そのため頭皮環境が悪化して薄毛の症状が悪化する可能性があるので、抜け毛が気になる方は頭皮環境を傷つけないアミノ酸系界面活性剤が含まれている育毛シャンプーを使うのがおすすめです。

正しい洗髪

間違った洗髪をすると頭皮や髪の毛にダメージを与えて、抜け毛を増やす可能性があります。したがって薄毛を改善するには正しい方法で洗髪することが大切です。そのため最初にブラッシングをして毛穴に詰まった皮脂汚れを掻き出し、お湯だけで汚れを洗い落とす予洗いを行ってから洗髪してください。

そして毛穴にシャンプーの成分が残っていると薄毛の原因に繋がるので、しっかりと時間をかけてすすぎ洗いをして、髪の毛と頭皮に付着したシャンプーを洗い落としましょう。またドライヤーを使う前のタオルドライでは、ゴシゴシと強く擦るとキューティクルが剥がれてしまうので、タオルを押し付けるようにして水分を吸着させるのがポイントです。

入浴

シャワーだけで終わらせずにお風呂に浸かることで、身体が芯から温まり血行を促進できます。また、頭皮や髪の毛に供給される栄養量も増加するため、つむじはげなどの薄毛対策に役立つ効果が得られます。

そして血行が促進されている入浴中に頭皮マッサージを行うと、相乗効果で薄毛対策の効果をより高められます。さらに入浴によって毛穴が緩むため、育毛剤を利用している場合も入浴後に使用する方が比較的高い効果を得られるでしょう。

適度な運動

1日30分程度、ジョギングなどの適度な運動を行うことで身体の血行を促進できます。髪の毛や頭皮の健康に必要な栄養分は血液によって運ばれているので、血流が良くなることで薄毛改善の効果が得られるのです。

また生え際の後退やつむじはげなどを引き起こすAGAの原因物質「DHT(ジヒドロテストステロン)」は、運動をすると汗と一緒に体外に排出されます。したがって、習慣的に適度な運動を行うことで体内のDHTを減少させてAGAを抑制することができるのです。

ダイエットしない

ダイエットのために食事制限を行うと身体が栄養失調に陥ります。体内の栄養量が少ないと、体は生命維持に関わる部位に優先して栄養を供給しようとするのですが、髪の毛や頭皮は優先度が低いため、栄養が行き渡らず、つむじはげなどの薄毛が悪化してしまうのです。したがって薄毛が目立ち始めた方はダイエットを控えた方が良いでしょう。

薄毛対策に役立つ食品

牡蠣

牡蠣に多く含まれている亜鉛は、髪の毛の材料であるケラチンを生成する際に使用される栄養分です。そのため育毛剤に配合されていることも多く、牡蠣を食べて亜鉛を取り込むことで髪の毛の生成をサポートして薄毛を改善することができます。

ナッツ類

ナッツ類に多く含まれているビタミンEには、血管を拡張して血流を促進する作用があります。そのため頭皮の血行を促進して薄毛を改善する効果を発揮します。

レバー

レバーには髪の毛を作るために必要なタンパク質や髪の毛の健康維持に役立つ鉄分などに加えて、頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB群など頭皮環境の改善に役立つ栄養分が豊富に含まれています。

鮭に含まれている「IGF-1」という成分には、髪の毛の成長をサポートして抜け毛を減らす作用があります。そのため多くの育毛剤にも配合されている成分です。普段の食生活に積極的に鮭を取り入れてIGF-1を摂取することで、薄毛対策に役立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です