このページの先頭です

男性にはどっちが効果的?飲む育毛剤と塗る育毛剤を比較!

1160views

投稿日:

飲む育毛剤は男性ホルモンにアプローチできる

飲む育毛剤と塗る育毛剤では、そもそもの薄毛へのアプローチの仕方が全然違います。飲む育毛剤の場合は、男性ホルモンに対してアプローチするものが多いです。男性の薄毛の原因としては、男性特有の原因があったりします。悪い男性ホルモンが活発に活動するということです。

女性の場合は、そもそも男性と比べて男性ホルモンの量も多くないため、こうして悪い男性ホルモンが理由になって薄毛になってしまうということも多くはありません。しかし男性の場合は、それが原因で薄毛になることも多いのです。

当然育毛剤では、その薄毛の原因に対策していかないとなかなか効果は出ません。だから、こうしてよくある薄毛の原因に対策できる飲む育毛剤は、男性の薄毛に対してはすごく効果的だといえます。

塗る育毛剤ではホルモンバランスへの対策は難しい

塗る育毛剤でも、そうした男性特有の薄毛の原因に対してアプローチしてくれているものもあります。しかし、残念ながらホルモンバランスへのアプローチは、外からのアプローチではあまりうまくいかないことが多いです。ホルモンバランスというのは、身体の中のことになります。

身体の中のことに対しては、外から対策していくより、中から対策していく方がよほど効果的になるでしょう。そのため、ホルモンバランスでの薄毛に関しては、塗る育毛剤よりも飲む育毛剤の方が効果的です。

塗る育毛剤は頭皮環境にアプローチするもの

飲む育毛剤は、ホルモンバランスに対してアプローチするものになりますが、塗るタイプの育毛剤はどんな風に薄毛に対してアプローチするのでしょうか。塗るタイプの育毛剤は、頭皮の環境を整えるという方法で薄毛にアプローチしていくものになります。頭皮の環境が崩れることによって薄毛になることも多くあるので、そこに対してのアプローチも効果的でしょう。

頭皮環境が悪いとなぜ薄毛になるのか

頭皮の環境が悪いとなぜ薄毛になるのでしょうか?それは、頭皮の環境が悪いと、きちんと髪の毛に栄養がいかなくなるからです。頭皮の環境が悪いということは、なんらかの理由で頭皮の毛穴が詰まってしまっていることが多いでしょう。

そうして頭皮の毛穴が詰まってしまうと、そこから髪の毛に送るはずの栄養がブロックされてしまいます。栄養が送られなくなれば、それによって髪の毛はどんどんやせ細っていくでしょう。髪の毛がやせ細っていくと、そのせいで髪の毛は抜けやすくなります。

そのため、頭皮の環境が悪いと抜け毛が増えていくのです。抜け毛が増えていけば、当然次第に薄毛に見えていくでしょう。頭皮の環境が悪いと、こんな風にはげていくのです。

頭皮の環境は自分でも整えられる

比較すると、そもそものアプローチ方法に大きな違いがある、飲むタイプの育毛剤と塗るタイプの育毛剤ですが、では飲むタイプの育毛剤と塗るタイプの育毛剤は、どちらの方が効果的なのでしょうか?それは、どちらのほうがアプローチしづらいのかということによって変わってきます。アプローチがしづらいのは、ホルモンバルンスでしょう。

悪い男性ホルモンの働きを抑制してホルモンバランスを整えていくなんて、なかなか生活の中では工夫しても難しいところがあります。しかし、これが頭皮の環境を整えるというくらいであればどうでしょうか?頭皮の環境を整えるくらいであれば、基本的には工夫すればできます。

たしかに、それを育毛剤でやれば早いでしょう。しかし、育毛剤に頼りきりで頭皮の環境を整えることには、デメリットもあります。

原因が治らないので使い続けないとならない

それが、原因を改善しようとしていないので、原因が改善されず、そのまま育毛剤を使い続けないとならなくなります。原因を改善しようと自分なりに工夫して色々とアプローチしているのであれば、次第にその頭皮の環境の悪さも改善されるでしょうし、これからはそうなりづらくもなるでしょう。

しかし育毛剤に頼って薄毛を改善しようとしていたら、根本の原因は改善されません。もし育毛剤の使用をやめたら、その時点でまたはげはじめてしまう可能性が出てくるのです。そうなったら今までの費用や努力も無駄になります。そのため、自分で努力できる部分に関しては、自分で努力することもすごく大切になるでしょう。

そう考えると、自分で対応することもできる頭皮の環境が悪いという薄毛の理由は、すぐ育毛剤に頼るのではなく、一度自分なりに努力してみた方が良いでしょう。飲むタイプの育毛剤と塗るタイプの育毛剤を比較すると、まずは飲むタイプの育毛剤を使用するのがおすすめということになります。

自分の薄毛の原因にアプローチできないとならない

基本的には、飲むタイプの育毛剤と塗るタイプの育毛剤では、上記のような理由から、飲むタイプの育毛剤の方が効果的だといえます。しかし、飲むタイプの育毛剤の方が必ずしも効果的だというわけでもありません。男性の多くの方が、男性ホルモンが原因となって薄毛になっています。

基本的には飲むタイプの育毛剤の方が効果的なのですが、みんながみんなそれが原因で薄毛になっているわけではありません。もしかしたら、男性ホルモンなんて全然関係なく薄毛になっている方もいるでしょう。

その場合には、飲むタイプの育毛剤を使用するのではなく、塗るタイプの育毛剤を使用しつつ、きちんと頭皮の環境を悪くしてしまった理由に対してもアプローチすることが必要になります。大切なことは、どちらの方が効果的なのかということを比較することではなく、自分の薄毛の原因を突き止めて、それに的確にアプローチしていくことです。

薄毛の原因ははげ方で判断する

そもそも自分の薄毛の原因はどうやって判断していけばいいでしょうか?自分の薄毛の原因の判断方法としては、はげ方を見ればいいでしょう。男性ホルモンが原因ではげている時には、俗にいうM字はげのように前髪の生え際がだんだんとM型に後退していくという形ではげていくことが多いです。

対して頭皮の環境が悪くてはげている場合には、つむじのあたりから抜け毛が増えていき、それによりはげていくことが多いです。そのため、前髪の方がはげていたら、飲むタイプの育毛剤が効果的で、つむじのあたりからはげてきているのであれば、塗るタイプの育毛剤を使用したり、あるいは頭皮の環境を自分で整え直していくのが正解になります。

薄毛のスピードでも判断できる

また、どういう原因で薄毛になっているのかということは、薄毛になっていくスピードでも判断することができるでしょう。男性ホルモンが原因で薄毛になっている時というのは、基本的には薄毛になるスピードがすごく早いです。抜け毛の量もすごいことになりますし、ちょっと前まで別にはげていなかったのに、気づいたらはげていたということもあります。

対して頭皮の環境が悪くてはげている時には、そんなに急激にはげることはありません。抜け毛の量もじわじわくる程度なので、それにより判断することができるでしょう。つむじは普段あまり見るところではないので、見た目で判断するのは難しいですが、抜け毛の量であれば分かりやすいでしょう。しっかり判断して、自分の原因にあった育毛剤を使用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です