このページの先頭です

男性の薄毛の原因はこれだ!原因追究し育毛剤を有効活用しよう!

1004views

投稿日:

男性の薄毛の原因とは

薄毛の原因追究

薄毛に悩む男性は、年々増加の一途をたどっています。多くの男性が薄毛や抜け毛に悩み、なんとかして悩みを解決したいと思うものです。鏡を覗き込むたびに、薄くなってきたつむじに心を痛め、少なくなった毛髪にため息をついてしまう人もたくさんいるでしょう。はげてきたことを心から悩み、外出したり人に会ったりすることさえも、辛く感じる人もいるほどです。

男性の薄毛の原因にはさまざまな理由があり、決して少なくありません。薄毛や抜け毛の対策をするならば、まずは自分の薄毛のタイプや、薄毛の原因をしっかり追究し、把握することが大事です。そこを明確にしなくては、適した治療や対処法がわからず、何をしても効果がないという、残念な結果を招いてしまいます。

薄毛の原因

男性ホルモン

薄毛の原因に大きく関わっているのが、男性ホルモンです。男性ホルモンは、体毛の発毛促進の働きもありますが、毛髪に関しては薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが、毛根付近において5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結びつき、ジヒドロステロンという別の男性ホルモンに変化してしまうことで、薄毛や抜け毛が促進されてしまうのです。

このジヒドロステロンは、通称DHTとも呼ばれ発毛を阻害し、健やかな毛の育毛を抑制してしまいます。薄毛や抜け毛を促進させる原因となっていることから、悪玉の脱毛ホルモンとも言われています。

ストレス

過労や疲労によって引き起こされるストレスも、薄毛や抜け毛の原因となります。人間の体は、ストレスを感じると自律神経が乱れ、血行不良を招いてしまいます。頭皮にも血行不良が起こってしまうと、毛乳頭が血液から栄養を受け取れなくなるため、毛髪に充分な栄養が行き届かず、元気で健やかな毛髪の発毛がのぞめなくなってしまいます。

食生活の乱れ

現代人の特徴でもある食生活の乱れも、薄毛や抜け毛の原因です。脂っこいものや揚げ物などが多い食生活を送っていると、栄養バランスが偏ってしまい、髪の毛の成長に必要不可欠と言われているビタミンや、ミネラルなどの栄養素が不足しがちとなります。

栄養が不足した状態では、現在生えている毛髪にも充分な栄養が行き届かなくなるため、薄毛や抜け毛が促進されてしまいます。

不規則な生活習慣

睡眠不足などによって、リズムの乱れた不規則な生活習慣を送っていると、自律神経も乱れてしまいます。自律神経が乱れると、毛髪の生まれ変わりのサイクルも乱れてしまい、正しいサイクルを刻めなくなった毛髪は、やがて抜け落ちてしまいます。

薄毛対策

育毛剤の利用

薄毛の有効的な対策方法としてまず挙げられるのが、育毛剤の利用です。現在世の中には、はげてしまったことを悩む男性のニーズに応えるべく、実にたくさんの育毛剤が開発され、市場で販売されています。

ドラッグストアや、薬局で簡単に手に入るものから、インターネット販売でしか手に入らないものまでさまざまです。薄くなってきたつむじに効果的なものや、おでこの生え際に効果的なものまで、効果や目的も多岐に渡ります。

育毛剤は、現在生えている毛髪を丈夫にし、抜け毛を防ぐ効果があり、頭皮環境や育毛環境を、よりよいものへと整える効能があります。数多くある育毛剤の中でも、それぞれの効果や効能を比較しながら、自分の薄毛に合った育毛剤を利用することが大事です。

育毛シャンプーの利用

洗髪する際に使用しているシャンプーを見直してみることも、薄毛の有効的な対策となります。多くの人が毎日行う洗髪は、想像以上に頭皮や毛髪にダメージを与えるものです。つむじやおでこの生え際は特に、力を入れないように洗髪する必要があります。

頭皮に対する刺激が強い成分が含まれているシャンプーの使用をやめ、天然成分由来の育毛シャンプーなどに変えてみることも、1つの方法です。

食生活や生活習慣の改善

食生活や生活習慣と頭皮は深い結びつきがあり、切っても切れない関係にあります。不規則な時間の食事や就寝は、毛髪の生え変わりのサイクルを乱してしまう原因となってしまいます。栄養が偏った食事も、頭皮には悪影響となるため、栄養バランスが整った野菜中心の食生活を心がけることが大事です。

また、喫煙や飲酒も頭皮環境に悪い影響を与え、血行不良を招く原因となります。これらの習慣を改善することも、薄毛や抜け毛の対策となります。

育毛剤とは

育毛剤の目的

自分がはげてきたと感じる時や、昔の頭皮状態と比較しても毛髪の量が随分減ってしまったと感じる時、多くの人がまずとりかかる薄毛対策が、育毛剤の利用でしょう。抜け毛や薄毛に悩む人にとって育毛剤は頼もしい存在でもあり、頭皮ケアには絶対に欠かせない存在でもあります。

そんな育毛剤は、現在生えている毛髪をできるだけ丈夫にし、成長を促すことを目的としています。不足する栄養を補い、毛髪が成長するためのサイクルが乱れ、抜け落ちてしまうことを予防することを1番の目的としています。

医薬品や医薬部外品に指定されている商品が多く、育毛に効果のある有効成分が多く含まれています。

育毛剤の効能

育毛剤には実にいろいろな種類のものがあります。どんな効能があり、どんな働きかけをするものなのか、しっかり理解してから選択することで、より自分の薄毛のタイプに適した対策をとることが可能です。

血行不良の改善

悪くなってしまった頭皮の血行を改善し、発毛に大事な働きをする毛乳頭へアプローチすることで、健やかな毛髪の成長を促します。毛根部にある毛乳頭は、毛細血管から酸素や栄養を受け取るという大事な役割を担っています。この毛乳頭が、正常な働きをするための有効成分を含んだ育毛剤です。

男性ホルモンの抑制

薄毛の原因の1つにジヒドロステロンと呼ばれる男性ホルモンの働きがあります。健やかな毛髪の発毛を阻害する、この男性ホルモンの働きを抑制することを目的とした育毛剤です。

抗炎症作用

頭皮環境が悪くなることで薄毛や抜け毛は促進されてしまいますが、血行不良だけでなく、雑菌の繁殖や炎症も、その原因となってしまいます。刺激の強いシャンプーや、自分の頭皮に合わないヘアワックス剤などを使用することで頭皮が荒れ、炎症を起こしてしまいます。雑菌の繁殖や、荒れてしまった頭皮の炎症を抑えてくれる育毛剤です。

保湿

人間の皮膚にとって乾燥は、大きなダメージとなるものです。頭皮も例外ではなく、乾燥してしまうことにより頭皮環境は悪化してしまいます。頭皮を乾燥から守り、保湿しながら育毛環境を整えていくことを目的とした育毛剤です。

育毛剤の選び方

育毛剤は、商品によって効能に違いがあるものです。

そのため、育毛剤の効能や効果をより最大限に発揮させるには、自分の薄毛の原因やタイプに合ったものを選ぶ必要があります。自分の薄毛の原因とタイプをしっかり追究し、把握したうえで、さまざまな育毛剤を比較しながら使用する育毛剤を決めなくてはいけません。

食生活や生活習慣の乱れが原因になっている人は、頭皮の血行不良を改善してくれるタイプの育毛剤や、毛乳頭に充分な栄養を届けてくれるタイプの育毛剤を利用すると、効果を発揮します。

また、父親や祖父に薄毛の方が多い人は、男性ホルモンの影響を受けやすい体質が、薄毛の原因となっている可能性が高くなります。男性ホルモンが薄毛の原因と考えられるような人は、発毛を阻害してしまう男性ホルモンの働きを抑制する育毛剤を利用することを、おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です