このページの先頭です

タバコを吸うと薄毛になる?ハゲやすくなる仕組みを理解しよう

767views

投稿日:

ニコチンによる悪影響を無視できない薄毛の症状

血管を収縮させることで起こる血行不良

タバコを吸うことで直接的に毛根に害を及ぼし、抜け毛を発生させるわけではありませんが、有害物質による悪影響で身体の状態を悪化させ、健康的な髪の毛を育てるために必要な頭皮環境を害してしまいます。特に顕著なのが、ニコチンの影響による血行不良です。20代になってすぐに吸い始める方も多いタバコですが、体内に入り込んだニコチンが自律神経を刺激することで血管が収縮し、血圧が上がります。

タバコを中断して元の状態に戻すのにも非常に時間がかかるのが厄介です。血流が悪くなれば酸素や栄養がスムーズに身体を巡らなくなりますし、生命活動に関係ない頭皮の毛根への供給は後回しにされてしまいます。結果、タバコの副作用で抜け毛が増えて薄毛になるのです。

ビタミンCが破壊されてしまう

ニコチンが体内に入り込むことにより、多くのビタミンCが破壊されてしまいます。血行を保つためにはビタミンEが必要になりますが、ビタミンCが少なくなることでその吸収率を低下させてしまうのが問題です。また、細胞を活性化して代謝機能を促進させる効果があるため、ビタミンCが不足することで頭皮が固く冷えてしまいます。髪の毛が抜けやすい状態になり、新しい髪の毛も弱々しいものになってしまうのです。

タバコを吸うことでストレスが増える

20代からストレス解消のためにタバコに手を出しているという方が多く見られますが、タバコを吸うことで逆にストレスになってしまう可能性があります。まず、ニコチンでビタミンCが破壊されてしまうことで、ビタミン不足によって人間の身体は倦怠感を覚えます。

スッキリしない体調が続いたり、不調を感じているとやる気が出なくなってしまうでしょう。こうした状況をストレスに感じてタバコの量が増えていくという悪循環が発生し、余計に疲労感に悩まされてしまうのです。そのうちタバコが手放せない状態になり、副作用でどんどん血行不良と自律神経の乱れを悪化させていきます。

喫煙習慣の見直しをして育毛対策に励もう

禁煙を心がけることが必要

薄毛予防や改善を目指すのであれば、喫煙習慣を見直して禁煙を心がけることが大切になります。育毛剤を使い始めたところで、頭皮環境を悪化させる習慣を続けている限り、効果が発揮しづらくなってしまうのが問題です。育毛剤の効果を実感するよりも、タバコによる副作用でますます薄毛を進行させてしまいます。

逆に、これまで育毛剤の効果が見られなかったという方が、禁煙をしたことによって飛躍的に変化を感じられるようになったというケースも少なくありません。頭皮と髪の毛のことを考えるのであれば、髪の毛の状態が回復しやすい20代の早い段階で禁煙を意識することが大切です。

タバコによる悪影響が気になる方の育毛剤選び

薄毛の原因がタバコにある場合には、血行促進効果が高い育毛剤を選ぶのがおすすめです。塗布する際に頭皮マッサージを心がけることで、血行不良になってしまっている頭皮の状態を改善に導きます。塩化カルプロニウムやセンブリエキス、トコフェロールなど、血行促進が期待できる成分はたくさんありますが、タバコによる悪影響は一朝一夕で改善されるわけではありません。継続的に利用できる育毛剤を探し、長期的なケアを心がけていくようにしてください。

アミノ酸系シャンプーを使ったケアもおすすめ

育毛剤の使用と同時に、毎日使うシャンプーに喫煙によって減少しがちなアミノ酸が配合されたものを利用し、補修することをおすすめします。頭皮に優しく負担がかかりにくい成分で、頭皮に必要な皮脂を残しながら環境を整えていくことが可能です。痩せ細ってしまった髪の毛を外側からケアしていき、少しずつ健康を取り戻すために役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です