このページの先頭です

睡眠の質や時間とハゲの関係とは?睡眠で育毛剤の効果を高めよう!

708views

投稿日:

睡眠とハゲの関係

髪は睡眠中に成長する

ハゲを予防するには食事の内容が大切です。食事で摂る栄養によって髪の毛は作られます。そのため、髪の生成に必要なたんぱく質やビタミン、亜鉛や鉄分などをしっかり摂る必要があり、健康を維持するためにはその他の栄養素もバランス良く摂る必要があります。

そして、脂質の摂り過ぎやお酒の飲みすぎは、発毛や育毛を妨げる可能性があるので注意しましょう。脂質の摂り過ぎは毛穴に皮脂が詰まりやすくなる原因になり、お酒はアルコールを分解するのに栄養を使うためです。以上のように、ハゲを予防するには食事の内容が重要になりますが、睡眠をしっかりとることも重要になります。

「寝る子は育つ」という言葉がありますが、そのことは間違ってはいません。人間は眠っている間に成長ホルモンの分泌量が多くなり、身体を成長させたり、疲労を回復させたりします。睡眠中は髪も成長するので、睡眠をしっかりとることはハゲ予防には重要なことになります。

22時~2時のゴールデンタイムは間違い?

成長ホルモンが分泌されやすい時間帯(ゴールデンタイム)は22時~2時といわれています。しかし現在では、眠る時間帯に関係なく、眠り始めてから3時間くらいが成長ホルモンの分泌量が多くなるといわれています。そして、眠り始めてから最初の90分間くらいの眠りの深い状態の時が、最も分泌量が多くなるといわれています。つまり、眠る時間帯は関係なく、眠り始めてからどれだけ質の高い睡眠がとれるのかがポイントになります。

睡眠環境を整えることがハゲ予防になる

ハゲ予防には質の高い睡眠をしっかりとることが大切になるため、寝つきを良くする行動をしたり、睡眠環境を整えたりすると良いでしょう。寝つきを良くする行動としては、入浴やストレッチやマッサージなどがあり、それらはハゲの原因といわれているストレス解消にも繋がります。

入浴といっても入浴する時間が重要になり、寝る直前に入浴すると深部体温が高いままなので、寝つきが悪くなってしまいます。お風呂から上がった後は1時間くらいで体温が下がり始めるので、入浴は就寝1時間前にすると良いでしょう。ストレッチやマッサージは筋肉をほぐすことができるため、リラックスすることができ、寝つきを良くすることが可能です。

部屋の明るさや、自分に合った清潔な寝具、室温や湿度、音など、自分に適した睡眠環境にすることも睡眠の質を高めることに繋がります。特に20代は若いことから、あまり眠らないで勉強したり、遊んだりしがちです。睡眠不足はハゲる原因になるので、20代で若いからといって無理するのはおすすめできません。

育毛剤を使って育毛効果をさらに高めよう

ここまでの説明で、質の良い睡眠が育毛に繋がるということが理解できたかと思います。育毛には睡眠や食生活が大切になりますが、育毛効果をさらに高めたい方には育毛剤を使うことをおすすめします。質の良い睡眠をとり、栄養バランスの良い食事をすることによって発毛や育毛しやすい状態にすることが可能です。

その状態で育毛剤を使うことにより、育毛剤の効果は高まりやすくなります。しかし、育毛剤には即効性がなく、効果を感じるには最低でも3~6カ月ほどかかります。そのため、焦らず気長に使い続けることが大切になります。どの育毛剤にも少なからず副作用のリスクがあり、間違った使い方をすると副作用を起こすリスクは高まるので注意しましょう。

特に、ミノキシジルやフィナステリドなどの効果が高い成分が使用されているものは、副作用のリスクが高くなるので注意が必要です。ハゲていない20代の方もハゲ予防をすることは大切で、早めに予防することによりハゲにくくなるので、生活習慣を見直したり、育毛剤を使ったりして若い頃からハゲ予防することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です