このページの先頭です

薄毛に悩む男性必見!効果別にみた育毛剤の特徴と選び方

741views

投稿日:

効果別に分けた男性用育毛剤の種類

男性ホルモンを抑制する効果のあるもの

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの働きによって引き起こされる症状です。このメカニズムは、男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素5αリダクターゼと結合することで、より強力な男性ホルモンに変化することで、男性特有の抜け毛やはげといった症状が現れるのです。この、より強力な男性ホルモンとなった物質をDHT(ジヒドロテストステロン)と呼びます。

これらの抜け毛やはげの原因となる5αリダクターゼやDHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑制する効果のある成分を配合した育毛剤で、AGA対策を考えている人にお勧めのタイプです。

頭皮の血行を促進させるもの

偏った食生活や乱れた生活習慣によって血液の循環が滞り、健康な髪の毛を作り出すために必要な栄養分を頭皮に運べなくなってしまうことで、つむじや生え際などの抜け毛やはげが起こってきます。

そのような現象を改善するために有効な成分として、良く耳にするのがミノキシジルですが、その他の成分としては、細胞分裂を促進させる働きのあるセンブリエキスや、血行を促進する効果を持っており、なおかつ血流量も増やす働きをする塩化カルプロニウムなどがあります。

これらの有効成分を配合した育毛剤は頭皮の血行を促進させて、つむじや生え際などの薄毛の対策に有効です。

頭皮や毛根に栄養を与える効果のあるもの

毎日の食事よって頭皮に必要な栄養分を摂取することが理想ですが、なかなか思うようにいかない時もあります。そこで、体の外側から直接頭皮へ浸透させることで必要な栄養分を補うという観点から考え、作り出された育毛剤がこのタイプです。この効果によって栄養を与えられた毛母細胞は、太くしっかりとした髪の毛の生成を行うことが可能になります。

具体的な有効成分には、頭皮の健康を維持するビタミン類、タンパク質を髪の毛に変える作用のあるミネラル(亜鉛)、コラーゲンを生成するオトギリソウエキスなどがあります。

毛母細胞を活性化させる効果のあるもの

髪の毛の製造工場にあたる毛母細胞を活性化させることで、健康な髪の毛を作り続け、つむじや生え際などの抜け毛や薄毛の予防に効果を発揮する育毛剤です。これに有効な成分には、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛を合成させて作られているリデンシルがあります。

この成分は、毛母細胞を活性化させる効果がミノキシジルの2倍あると考えられています。数ある育毛剤の中でも、このような効果の高い成分が配合されている育毛剤を使うことで、より一層育毛効果を実感できると考えられます。

皮脂の分泌を抑制する効果のあるもの

男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が多くなることで頭皮がべたつき、毛穴を塞いでしまうことで健康なヘアサイクルを保てなくなります。その皮脂の過剰分泌を抑制する効果のある成分には、イオウ、チオキソロン、グリチルリチン酸、ビタミンB6などがあり、これらの有効成分が配合されている育毛剤を使用することで、べたつき感のない健やかな頭皮に改善することができます。

乾燥して傷んだ頭皮を健康な頭皮に導く効果のあるもの

間違ったシャンプーの方法や、刺激の強い育毛トニックなどによってダメージを受けた頭皮は、水分を失ってしまいます。この乾燥した頭皮の状態はフケの原因にもなり、このフケが毛穴を塞いでしまうことで健康な頭皮を維持できなくなってしまうのです。

そこで、傷んだ頭皮を乾燥から守り、保湿することによって肌トラブルを改善する効果のある成分を配合して作られた育毛剤がこのタイプです。主な有効成分には、海藻エキス、イチョウ葉エキス、ヒアルロン酸、アロエエキス、ヒオウギ抽出液、ピロリドンカルボン酸ナトリウムなどがあります。

育毛剤を選ぶ時の注意点

自分の症状に合った育毛剤を選ぶ

男性の抜け毛やハゲの悩みと言っても、気になる部分や目的とする改善の度合いは人によって違います。そのため、数ある育毛剤の中から、それぞれに配合されている成分を比較して検討し、より自分に合ったものを選ぶようにしましょう。たとえ、同じ成分が配合されていても、他の成分との相乗効果や自分の肌質も考慮して比較、検討することをお勧めします。

せっかく、薄毛対策に育毛剤を使ったとしても、自分に合ったものでなければ、効果を得ることができない上に、頭皮を傷めてしまうというリスクを負うことにもなりかねません。それを避けるためにも、慎重に比較して選ぶことをお勧めします。

成分の安全性を確認する

薄毛対策に効果のある成分は、必ずしも副作用がないとは言い切れません。人の体質は千差万別なため、他の人には起こらない副作用でも、自分の体質には合わず、トラブルの原因になることもあります。元々、持病を抱えている人や薬を服用している人などは特に注意が必要です。かかりつけの医師や薬剤師に相談することも良い方法と考えられます。

口コミなどの評価を参考にする

口コミとは、その商品を使った経験のある人の感想なので、その商品の良い面と悪い面のどちらも知ることができます。実際には個人差があるので鵜呑みにするのは危険ですが、数ある育毛剤の中で比較、検討するためには、このような体験者からの評価を参考にすると選びやすいでしょう。

続けて使用できる価格のものを選ぶ

育毛剤の効果を実感できるのは、最低でも半年先です。そのため、同じ商品を長期間、定期的に購入することになります。そこで大切なことは、経済的に負担が生じない価格であることです。

せっかく、効果を実感できたとしても、続けて使用できなければ有効な薄毛対策にはなりません。また、継続して使用するためには、商品単価だけに注目するのではなく、内容量を確認することも大切です。同じ単価であっても内容量の違いによってランニングコストが大きく変わってくるので注意が必要です。

育毛剤の効果的な使い方

頭皮の状態を整える

育毛剤の成分を効率よく頭皮に浸透させて効果を得るには、頭皮の状態が整っていることが大切です。そのためには、正しい方法でシャンプーを行い、毛穴や頭皮の汚れを綺麗に落とす必要があります。指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗うことで頭皮を傷つけずに汚れを落とすことができますし、血行促進の効果も得られます。

洗髪後の頭皮に使用する

正しい方法で洗髪された頭皮は、毛穴の汚れも綺麗に落ちており、育毛剤の有効成分が浸透しやすい状態になっています。そのため、より効率的に薄毛対策の効果を得ることができます。せっかく、育毛剤を使用しても頭皮が汚れていると、浸透力が低下するので効果は半減してしまいます。本気で薄毛対策を考えているなら、この浸透力にこだわることをお勧めします。

ヘアサイクルに合わせて育毛剤を変える

髪の成長サイクルには成長期、退行期、休止期の3つがあります。この成長の過程に合った育毛剤を使い分けることで、効率よく効果を得ることができるのです。

まとめ

薄毛の改善には、長い期間を必要とします。そのため、副作用やランニングコストなどの、リスクをできるだけ抑えることを忘れずに実行することが大切です。

AGA(男性型脱毛症)や頭皮のダメージなどによる薄毛の対策に、育毛剤を利用したいと考えている人は、以上のような育毛剤の効果の違いや選び方を参考にして、自分の目的や肌質に合ったものを選ぶことをお勧めします。また、その効果をより実感するために、育毛剤の有効成分を効率よく浸透、吸収するための頭皮作りを心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です