このページの先頭です

育毛剤って効果があるの?20代からの正しい育毛対策

712views

投稿日:

育毛剤は本当に効果があるのか?

薄毛が気になったら育毛剤を使えばいい?

男性は早ければ20代のうちから薄毛が進行してきます。20代のうちから症状が深刻化することはまれですが、将来のことを考えると手遅れにならないうちに対策をしておきたいものです。本格的ではないけど気軽に始められる薄毛対策といえば育毛剤です。頭部の気になるところに塗って髪を生えやすくするシンプルなアイテムで、比較的身近に入手できます。

育毛初心者であれば多くの人がここから入るのですが、一つ注意しておきたいことがあります。それは薄毛の根本的な原因です。そもそも今まで順調に生えていた髪が生えにくくなるのは重大な変化です。なぜこのような変化が出てきたのかを理解しておかないと、育毛剤もその場しのぎにしかなりません。

AGAに気をつけよう

実は男性の薄毛には多くの場合、共通する原因があります。それが男性ホルモンによる脱毛作用です。男性のハゲ方にはM字やO字などいくつかの違いが見られますが、そういった特定の部位が薄くなるのはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンが発毛を阻害しているからです。DHTの脱毛作用は非常に強力なため、20代を超えて分泌が増えると確実に症状が進行していきます。

このDHTは常に体内で生成されているので、体の外側からでは有効な対策が困難です。これがいわゆるAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状で、薄毛に悩まされている成人男性の多くはAGAに該当すると考えられます。もちろん全ての薄毛が当てはまるわけではありませんが、育毛剤などで対策を行っても長期的に改善されない場合はまずこの症状を疑ったほうがいいでしょう。

育毛剤はAGAに効くものと効かないものがある

育毛剤はAGAが世に知られていなかった時代から普及してきました。各メーカーはそれなりに研究して成分を配合していますが、効果をもたらす根拠が不明確で、根本的な脱毛対策にはならない製品がいまだに多いです。幸いにも近年はAGAを意識してしっかりと有効成分を取り入れている製品も出ていますから、育毛剤を選ぶ際には成分を見て慎重に比較した方がいいでしょう。

正しい薄毛対策と副作用について

治療薬で本格的な対策もできる

AGAの場合は病院で診断を受けて治療することができます。今はDHTを抑える効果的な治療薬があるので、多くの男性が処方を受けて見た目でわかるくらいに薄毛を改善しています。しかし20代のうちからこういった本格的な治療を受けるべきかどうかは判断が難しいところです。それは副作用の問題です。

育毛剤の場合は頭部に塗るだけなので、かゆみが出ることはあっても身体を内から害することはまずありません。一方治療薬は毎日使うので、何かしらの影響が懸念されます。具体的には肝臓障害や男性機能の低下です。薬は肝臓で代謝されるため、長期的服用で肝臓に負担がかかり、場合によっては肝硬変のような重病を発症するおそれもあります。

また男性ホルモンに変化を及ぼすくらいですから、性機能が正常に働かなくなることも可能性としてあります。このように効果の強い治療をするときは副作用がつきものだということを考慮してください。

症状が軽度なら育毛剤で様子を見る

AGAの初期症状として見られるのは、ハリがなくなった、直毛が縮れてきた、生え際が指一本分後退したなど人によってさまざまです。明確なAGAのサインとみれば病院で検査を受けるのもいいですが、人によっては気のせいに過ぎないレベルの変化に悩んでいるだけかもしれません。

特に日本人は神経質に人目を気にする人が多いので、他人から見れば何も変わっていない場合も十分考えられます。20代はまだまだ健康的に人生を楽しめる世代ですから、程度の軽いうちから体に負荷をかけてまで治療するよりは、発毛のサポート程度に育毛剤を使うくらいでもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です