このページの先頭です

育毛剤と発毛剤の違いは?異なる目的とおすすめのタイプ

812views

投稿日:

働きが異なる育毛剤と発毛剤の効果

頭皮環境を整えて髪を生やしやすい土壌を作る育毛剤

つむじが薄くなってきた、生え際が後退してきたなど、抜け毛が多くなりはげが気になり始めてきた際、まず使用を考えるのが育毛剤です。市販で売られているものが多く、手軽に対策を始めやすいのもメリットになります。

育毛剤はその名の通り、今生えている髪の毛を健やかに育てるために使用されるものです。元気がなくなりハリやコシがなくなってしまった髪の毛を、太く抜け毛になりにくい状態に整えるために役立ちます。

育毛剤は医薬部外品に分類されるものであり、髪の毛を生えさせるものではありません。厚生労働省が許可をしている育毛効果が認められた有効成分は含んでいるものの、発毛のために強い効果を得られるものではありません。

しかし、血行促進効果、皮脂の分泌量を抑える効果、髪の毛に栄養を与えられるものなどいくつかの種類があり、それぞれ頭皮環境を整えることによって発毛しやすい土壌を作るのに役に立ちます。育毛剤の使用を続けて効果が現れることにより、以前よりも髪の毛が太く丈夫になることで、増毛を期待することができるのです。

発毛を促進させる発毛剤

発毛剤は発毛を促す成分が配合されている医薬品です。つむじや生え際の抜け毛が増えて進行してしまったはげに対し、新しい髪の毛を生やすために毛母細胞に直接働きかけたり、活動が鈍くなってしまった細胞分裂を活性化させることで増毛効果を期待できます。

発毛効果が認められていることで広く知られている成分にはミノキシジルやフィナステリドといったものがありますが、こうした成分が使用されている発毛剤は医師の処方や薬剤師がいるドラッグストアでの購入が必要です。塗布、または服用することで効果を得られます。

いわゆるAGA対策に非常に高い効果が見られるもので、はげて寂しくなってしまった髪の毛を回復させるために有効です。

使用感が優しい育毛剤から始めよう

髪の毛の状態が気になり始めたら、まずは頭皮環境を整えることに特化した育毛剤で対策を行うのがおすすめです。早期の段階であれば頭皮ケアを行うことで抜け毛を減らし、髪の毛の状態を元に戻せる可能性が高くなります。

育毛剤は長期的な使用で緩やかな変化をもたらすもので、使用されている成分もあまり強くはありませんが、比較的身体に優しく副作用が出にくいのがメリットです。

強い薬を利用する前に育毛剤で様子を見つつ、生活習慣や食生活を見直すことで頭皮の状態を向上させていき、変化を見守ることから始めてください。

育毛剤と発毛剤それぞれの使用に向いている人

初心者を始め万人向けの育毛剤

育毛剤は比較的どなたでも安心して薄毛対策に使用できるものです。

  • 抜け毛が気になり始めてきた
  • セットがうまく決まらない
  • 頭皮トラブルが増えてきた
  • ハリやコシがなくなってきた
  • 頭皮が硬い

薄毛の初期症状に対し、進行してしまう前に早めの対策行うことで高い効果を得やすくなっています。

進行してしまったはげに有効な発毛剤

すでにはげてしまっている方が対策のために有効利用できるのが発毛剤です。

  • 生え際が後退してきて新しい髪の毛が生えない
  • つむじのはげが広がってきた
  • 育毛剤の効果が見られない

まずは自身のはげの状態を正確に把握するために、医師の診察を受けた上で発毛剤を処方してもらうのがおすすめです。適切なケアにより薄毛の進行を食い止め、新しい髪の毛を生やすことが期待できます。

身体に合うものを使用することが大切

育毛や発毛に役立つ有効成分の中には、相性や体質によって副作用を引き起こしてしまう可能性があります。天然成分であっても例外ではなく、痒みや赤みなどを引き起こした場合には無理に使用しないことも大切です。くれぐれも様子を見ながら、用法と用量をきちんと守って正しく利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です