このページの先頭です

育毛剤と発毛剤の違いとは?育毛効果や金額を徹底検証!

1026views

投稿日:

育毛剤と発毛剤の違いとは?

額の生え際からはげ上がる症状をM字型、つむじからはげ上がる症状をO字型といいます。また、人によってはM字型とO字型が進行し、U字型という症状になることもあります。どの症状でも進行するに従って悩みも大きくなっていくため、早めに対策を行いたいところです。

そんな症状の対策におすすめなのが育毛剤と発毛剤。どちらも抜け毛や薄毛が見られる頭皮に塗って使用するという点では同じですが、成分などに様々な違いがあります。対策を始める前に頭に入れておきましょう。

医薬品なのが発毛剤

日本には薬事法というものがあります。この薬事法によって、薬品は医薬品(要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品)と医薬部外品、化粧品に分類されています。これらのうちで、謳える効果効能の範囲が最も広いのは医薬品です。その次が医薬部外品。そして化粧品と続きます。

日本では、大正製薬から発売されている発毛剤リアップ(「リアップX5プラス」)が良く知られていますが、これは第1類医薬品です。第1類医薬品の発毛剤は抜け毛や薄毛に対して優れた効果がある反面、安全上や健康上にリスクがあるというデメリットがあります。

医薬部外品や化粧品なのが育毛剤

医薬品である発毛剤に対し、医薬部外品や化粧品に分類されているのが育毛剤です。医薬部外品では薬用という表示が認められています。そのため、薬用という表示がある育毛剤は医薬部外品に該当します。

医薬部外品には、配合上限値が設けられている成分があります。そのためメーカーによってはあえて化粧品として開発している場合も。

育毛効果や金額にはどんな違いがある?

発毛剤で期待できる育毛効果

多くの発毛剤で配合しているのがミノキシジルという成分です。リアップX5プラスではミノキシジルを5%配合しています。ミノキシジルには血流改善効果があり、毛母細胞の活性化による発毛促進が期待できるという特徴があります。

育毛剤で期待できる育毛効果

育毛剤は、発毛剤よりも期待できる育毛効果が高いです。

毛母細胞の活性化は勿論のこと、過剰な皮脂分泌の抑制、頭皮環境の改善、頭皮炎症の抑制、ふけやかゆみの抑制、AGA男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼの抑制、頭皮の硬化抑制など、その効能は様々。

これらのうち、期待できる育毛効果は育毛剤によって異なります。そのため、自分の症状に合ったものを選ぶことが重要です。

発毛剤の金額は?

リアップX5プラスは60mL で7,048円です。1回1ml、1日2回頭皮に塗って使用した場合、1本で1か月の使用が目安となります。つまり1か月で7,048円かかるということです。

育毛剤の金額は?

育毛剤の場合は金額に差があります。

ドラッグストアなどで市販されている育毛剤は、1本2,000円ほどで購入できます。しかし、高い育毛剤では1本10,000円以上するものも。

あまりにも安すぎるものでは、十分な効果が期待できなくなります。とはいえ、高すぎる育毛剤では続けるのが困難ですよね。期待できる育毛効果と金額のバランスを考慮した育毛剤を購入しましょう。

人気のある育毛剤「チャップアップ」(医薬部外品)は通常1本14,800円ですが、公式サイトで購入すると1本7,400円となります。リアップX5プラスより高めの金額となるものの、高価な育毛剤が大幅に安くなるのは魅力的。通常使用した場合、チャップアップも1本で1か月使用できます。

その他にも様々な育毛剤があるため、額の生え際やつむじが気になり始めた時には、月々の予算に合ったものを探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です